最後の審判

最後の審判最後の審判
(2002/09)
リチャード・ノース パタースン


最後の審判 2008/8/19
リチャード・ノース パタースン (著), 東江 一紀 (翻訳)  ☆☆☆

キャロラインマスターズの所に父親から帰ってくるようにとの連絡がくる。
夜中に家族に内緒で恋人と出かけた夜のピクニックで、マリファナを吸い、ワインを飲み、気がつくと恋人を殺害した容疑がかけられているブレッド。
その姪のブレッドの弁護をして欲しいという以来だった。
罪の階段、子供の眼、と2作にわたり優秀な判事・弁護士ぶりをみせた彼女の私生活がどんなももなのかが描かれる。

amazonによると法廷サスペンス3部作の完結編らしい。
罪の階段・子供の眼の時と法廷での彼女の腕前は変わらないし、相変わらずかっこいい女性。
でもねでもね、なんかこの話し面白いんだけど、前の2作より好きじゃないんだよね。
法廷の場面が少ないからかな~。

theme : 海外ミステリ
genre : 本・雑誌

tag : リチャード・ノース・パタースン

子供の眼

子供の眼〈上〉 (新潮文庫)子供の眼〈上〉 (新潮文庫)
(2004/01)
リチャード・ノース パタースン

子供の眼 2008/8/14 ☆☆☆☆
リチャード・ノース パタースン (著), 東江 一紀 (翻訳)

『Eyes of a Child』の邦訳版。罪の階段の続編

罪の階段で、主人公の弁護士クリスの助手を務めたテリ
テリの資力によって生活していた夫との離婚をしようとするが、夫は娘の擁護権を盾にテリに復縁をせまる。そのテリの夫が、殺された。弁護士のクリスに容疑がかかり、逮捕される。

罪の階段では、政治と権力闘争が入ってきてましたが、今回はほとんど身近な人間達で繰り広げられる愛増話。
とっつきやすく、読みやすかったけれど、前回の方が面白かったような気もしてちょっと寂しい。
前回の判事が今回の弁護を担当する。 テリの偉大なる(?)お母さんも出てきてますが、罪の階段からイメージしてる人とちょっと違うイメージのお母さんでした。
テリの夫も以前よりいやらしさがパワーアップ。
今回は公判まで行き、陪審員も選ばれての法廷シーンが読める。

theme : 海外ミステリ
genre : 本・雑誌

tag : リチャード・ノース・パタースン

罪の段階

罪の段階 2008/8/3  ☆☆☆☆☆
リチャード・ノース パタースン (著), 東江 一紀 (翻訳)

弁護士のクリスにTVで活躍中の女性メアリから電話が入る。
レイプされそうになったため、作家を殺害したので、弁護して欲しいという。
苦悩の末メアリの弁護を引き受けることになったクリスは助手の弁護士テリーザとメアリの弁護にあたる。

サイレント・ゲームが良かったリチャード・ノース パタースン です。こちらも良かった。
サイレント・ゲームよりも法廷の場面が多い気がするなぁ。 あれより法廷色が強い作品です。
私が女性のためか、殺された作家にぜんっぜん同情できず。助手のテリーザの活躍や気遣い、自信のなさがとっても良かった。

theme : 海外ミステリ
genre : 本・雑誌

tag : リチャード・ノース・パタースン

サイレント・ゲーム

サイレント・ゲーム 2008/6/22  ☆☆☆☆☆
リチャード・ノース パタースン (著), Richard North Patterson (原著), 後藤 由季子 (翻訳)

現在成功している刑事事件取り扱っている弁護士トニーが故郷の古くからの友人に助けを請われる。
友人のサムが殺人容疑で捕まっているというので、故郷へ帰るトニーだったが、トニーは昔、無実の罪(ガールフレンドの殺害容疑)で逮捕されたことがあったのだ。
トニーと同じように無実なので助けてくれというサム。 弁護しているうちに過去を思い出し苦悩する


大好きな法廷サスペンス。 これは好き。
主人公が苦悩するのも、過去の事件と現在の事件の絡みも。
文章に勢いがあったせいか、がんがん読み進めてしまいました。少年トニーを弁護してくれた弁護士がとても良かった。

theme : 海外ミステリ
genre : 本・雑誌

tag : リチャード・ノース・パタースン

金魚
はちゅね
最新記事
カテゴリ
カテゴリ(作家別)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

作家

海堂尊 ジェフリー・ディーヴァー ピーター・ラヴゼイ トリイ・L・ヘイデン 伊坂幸太郎 雫井脩介 貴志祐介 荻原浩 誉田哲也 内田樹 恩田陸 リドリー・ピアスン 司馬遼太郎 ダン・ブラウン 久坂部羊 万城目学 貫井徳郎 スティーヴン・キング 折原一 橘玲 松井今朝子 香納諒一 ロバート・ウォーカー 芦辺拓 リチャード・ノース・パタースン 京極夏彦 藤巻健史 吉本佳生 平山夢明 深田晶恵 ジョン・グリシャム 池上彰 久綱さざれ 魚柄仁之助 桜坂洋 スコット・トゥロー 梨木香歩 薬丸岳 呉善花 乃南アサ 広川純 小野不由美 乙一 佐々木敏 穂村弘 飴村行 ワリス・ディリー 山本弘 新津きよみ 竹川美奈子 絲山秋子 恒川光太郎 桐野夏生 西澤保彦 我孫子武丸 横山秀夫 北村薫 寄藤文平 泉流星 谷口克広 アン・ルール 内藤忍 アガサ・クリスティー 西條奈加 加門七海 岩尾明子 パオロ・マッツァリーノ 左巻健男 木村剛 ジャック・ケッチャム 安東能明 北尾トロ 林壮一 山崎元 今野敏 井形慶子 神山裕右 R・ターガート・マーフィー 三崎亜記 佐々木俊尚 大田垣晴子 池上良太 藤田郁雄 デボラー・J・ベネット 森博嗣 エリック・ガワー 早坂隆 朝倉智也 森見登美彦 佐光紀子 ロビン・クック 渋澤龍彦 デニス・ルヘイン 日本経済新聞社 リリー・フランキー アダム・ファウアー ダナンジャイ・キール プリーストリー 小川勝己 山田和 五十嵐貴久 ドナ・ウィリアムズ 山本譲司 谷甲州 古市幸雄 石井希尚 上野千鶴子 マックス・ギュンター 岩井志麻子 アイラ・レヴィン シェルビー・ヤストロウ マーク・オルシェイカー ジョン・ダグラス ジャン・フィリップ・トゥーサン 岡崎良介 地震イツモプロジェクト 渥美公秀 松本茂 ジェイムズ・P・ホーガン 乾くるみ 斉藤寅 佐藤友之 伊園旬 デボラ・D・クロンビー 松井幹彦 田麗玉 ティモシー・F.マッカーシー ゲーリー・ベルスキー トーマス・ギロヴィッチ ジェーン・エリオット 文国鎭 望月衛 林康史 上野正彦 鬼沢忍 バートン・マルキール 梅田望夫 山中恒 瀬哲弘 ジョン・A.・パウロス ジョゼフ・フィンダー UFJ総合研究所 筒井康隆 鈴木雅光 マルコム・ゴドウィン 福澤徹三 内田春菊 山田悠介 角田光代 姫野カオルコ 高原英理 岸田るり子 浅田次郎 ピ-ター・コレット スアド 東野圭吾 森巣博 エィミ・タン 滝本竜彦 三浦展 ヒラリー・ウォー 佐藤友哉 帚木蓬生 ケン・グリムウッド 香山リカ 酒井順子 山田宗樹 菅野朋子 明野照葉 M・スコット・ペック ウイリアム・アイリッシュ マリカ・ウフキル ミシェル・フィトゥーシ 松尾スズキ スティーヴン・D・レヴィット 星野智幸 草間俊介 畑村洋太郎 萩原博子( 楠本くに代 海外投資を楽しむ会 小島信夫 藤巻幸夫 渋谷昌三 大内悦子 谷本美加 泉久恵 家計ライフプラン研究会 プーラン・デヴィ ファウジーヤ・カシンジャ 内海夏子 チャールズ・エリス おいしく「お金」もらい隊 「新潮45」編集部 速水敏彦 安田・まゆみ メアリー・シェリー 鎌田なお子 グロリア・マーフィー ゲルト・ギーゲレンツァー 養老孟司 エイブル ロバート・アーリック D.W.バッファ ジョン・C・ボーグル ローレンス・ブロック 松村比呂美 三上延 佐伯良隆 沢村凜 村田くみ 山田順 永野良佑 花輪陽子 長谷川高 イザベラ・バード ジョン・カッツェンバック 彩坂美月 廣田弘毅 森永卓郎 尾上堅視 森岡浩之 都築響一 桜庭一樹 ラリー・ジョンソン キャサリン・フィッシャー 村上尚己 中西佐緒莉 勝間和代 北川邦弘 石川貴康 青砥恭 渋澤健 後田享 マーティン・クラーク 河名秀郎 ジョイ・フィールディング ナンシー・ピカード 湊かなえ 桐生祐狩 國場弥生 長岐隆弘 ローズ・ジョージ 加谷珪一 岡本和久 藤原美喜子 領家高子 山崎俊輔 大江英樹 藤川太 遠藤浅蜊 荻上チキ D.W. バッファ 横関大 笹本稜平 北川邦宏 和田竜 午堂登紀雄 早乙女ゆうこ ドナート・カッリージ 峯山正宏 道尾秀介 ジェイン・オースティン 高山マミ スティーヴン・キング 小野正嗣 緒川怜 大津學 武田邦彦 サンドラ・ヘフェリン 山崎泰 川瀬七緒 中町敏矢 小泉喜美子 高田侑 トニー・パーカー 前川裕 佐々木謙 細沢祐樹 中嶋博行 岸恵美子 林望 山形優子フットマン 近衛龍春 ジム・ブラウン マーチン・リンストローム マーク・クリッツマン 横山光昭 井戸美枝 米山秀隆 内山安雄 香月日輪 山口哲生 ゾラン・ジフコヴィッチ 田中香津奈 後藤秀樹 村上早人 久能木紀子 柴田佳秀 東アジア怪異学会 パディ・ドイル 市田ひろみ 坂東眞砂子 林秀彦 服部幸應 山本成一郎 釜口浩一 堺屋太一 池田圭一 桑嶋幹 きくちいま 井上順孝 町山智浩 山崎正和 石原慎太郎 塩野七生 隆慶一郎 勝崎裕彦 久保田裕道 舞城王太郎 結城五郎 松田青子 神崎宣武 加藤廣 瀬名秀明 パトリシア・コーンウェル 劇団ひとり 篠田節子 下関マグロ 高野和明 近藤雅樹 マイクル・クライトン 菊地ひと美 杉浦日向子 利倉隆 キャスリン・アシェンバーグ 井沢元彦 石川結貴 武光誠 池谷裕二 五十嵐太郎 白石昌則 北上秋彦 野沢尚 ウィリアム・D.ダンコ トマス・J.スタンリー 山本文緒 ジョン・コイン 黒武洋 小林泰三 多島斗志之 曽根圭介 方波見寧 ヘンリー・デンカー ジェイン・オースティン 沼田まほかる 垣谷美雨 泉正人 セス・グレアム・スミス 新井潤美 佐々木譲 畠中恵 サンドラ・パーシャル 服部まゆみ 矢口敦子 斎藤環 キャロル・オコンネル ローリー・コルウィン 山田登世子 細野真宏 島田裕巳 あらかわ菜美 小田明美 サラ・ウォーターズ 米澤穂信 ジェイムズ・パタースン 大村あつし ジョン・バーナム・シュワルツ 多田文明 山本御稔 小和田哲男 明智憲三郎 サイモン・ベケット トマス・H・クック ジュリー・パーソンズ スティーヴン・J・ダブナー 

プロフィール

+紙魚+

Author:+紙魚+
趣味:読書&投資

でも語れるほどでもない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索
+紙魚+にひと言送る

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
amazonで検索
広告


広告
広告