どすこい。

どすこい。 2011/4/27‏
京極 夏彦(著)  ☆☆☆

お相撲さんが主人公のパロディギャグ(コメディじゃないと思う…)

ギャグだと知らずに読み始めるとええ!?ってなりますが、ハマルと面白いです。
でも元ネタしらないのいっぱいあったので、もったいなかったかなー

theme : 小説
genre : 本・雑誌

tag : 京極夏彦

邪魅の雫

邪魅の雫  2007/11/17
京極 夏彦 (著)  ☆☆☆☆

京極堂シリーズ
榎木津家の親類から、「榎木津礼二郎がお見合い相手から断れ続ける理由」の調査を依頼された薔薇十字探偵社に勤める凡庸なバカオロカ、違った、益田君が調査を開始。
その頃、前回の事件で木場氏とともに降格され、現在交番勤務の青木巡査が「殺人事件を調査するうちに連続殺人じゃないか?」と疑問を抱き動き始めた事件があった。

なんといいますか、前作までの脇役の方大集合!!な話で地味です。
肝心の京極堂の妖怪談義も軽くてすご~く読み易い。
今回は関口先生も軽~くしかかかわらず、普通の人っぽ~い!!
大鷹氏がいつもの関口先生の役っぽいんですが、関口先生よりコワイ人でした。
鬱々としている関口先生にはどっぷり共感できるのに、大鷹氏には共感できなかった・・・・

普段より大層読みやすく、脇役大集合で番外編のように楽しみました。
青木巡査の成長ぶりがなんだか可愛らしくて、若い子の活躍が可愛いなんて、私もおばちゃんになったのねぇと感慨深い(汗
京極堂シリーズを読んだことない人が最初に読む本ではないですねぇ。
あ、でも妖怪談義がない分読みやすいんだけど。
でも京極堂シリーズっぽくない。

+FXメモ+
-900,763

theme : 小説
genre : 本・雑誌

tag : 京極夏彦

陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕

陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕  2004/4/4
京極夏彦 (著) ☆☆☆☆

鳥の城と地元民から呼ばれる堂々たる洋館でおこる連続花嫁殺人事件。
事件も風化した頃、鳥の城にすむ伯爵がまた婚姻するため、探偵榎木津に依頼が来る。

久々に京極作品を読みました♪
今までの作品より京極堂のうんちくが少ないのでモノ足りないけどうんちくが少ない分読みやすい。

いつもなら登場人物の中では一番自分に近そうな存在の関口センセに感情移入して読むんですが、
今回はもうね~関口センセがぐでぐで&どろどろで感情移入出来ません 腟 と思ってるとアレレ?普段より彼の思ってることがダイレクトに理解出来るぞ~ 腟と変化してきます。
その後、自分に近いどころか関口先生は自分より凄いよ!と尊敬。
っていつも登場している友人以外からみた関口先生って、こんな感じの人なのね~と思わせる処がある。超だめっぽい人だよ(笑)
しかし、この作品はいつもより更にぐでぐでの関口センセですが、とても活躍してるし、最後にはなんだかスカッとしてるし、関口センセ大活躍編というかんじ。

案外かっこいいじゃん、関口センセ!と惚れそうでした。惚れないけど。

theme : 推理小説・ミステリー
genre : 本・雑誌

tag : 京極夏彦

塗仏の宴 京極堂シリーズ

塗仏の宴(宴の支度)塗仏の宴 京極堂シリーズ  2006/9/14 
京極 夏彦(著) ☆☆☆☆

戦争中に大量殺人により山中の小さな村(H村)が消滅したという噂があった。
その噂は新聞記事にもなっているが続報は無く、その事件自体がなかったかのようだ。
戦争が終わった後、山中にあった戸人村(へのとむら)を駐在をやっていた警察官が訪れると記憶とは違う住人が住んでいた。消滅した噂と戸人村の話を基に記事を書くことになった小説家関口が取材のためその村を訪れる。

面白いんだけど長っ!! 妖怪話も長っ!(笑)
今までの京極堂シリーズの集大成のよう。織作茜、内藤赳夫などが出てくる。
前作までを読んだのが少々前なので、人物を記憶のそこから引っ張り出すのが大変だった。
ぼけすぎだよ、自分。


さて、今回の話の中で一番怖かったのが関口センセイの心情描写。今までで一番ぐでぐでで、自分を見ているようで怖い。流されやすくて、自分に自信が無くて。
そして、今回榎木津探偵が今までで一番人間らしい発言が多い気がする。

京極夏彦の「姑獲鳥の夏」、「嗤う伊右衛門」って映画になっていますが、姑獲鳥の夏はそつのない仕上がりになっていたと思います。
私はゆるい京極ファンですが、たったひとつの不満を除いて、許容範囲でした。
不満というのは薔薇十字団の探偵榎木津役が阿部寛だったこと!

だって榎木津探偵って 
「良家の御曹司 ガタイが良い 片目の視力がほとんどない  透ける茶色の髪&大きな目 透ける様な白い肌 ビスクドールのような容姿  眉目秀麗 頭脳明晰、抜群の運動神経 常人には理解できない行動をする」というヒト。
阿部寛ってガタイが良い しかあってないじゃーん   それに彼、トリックのイメージが強すぎる。

一部京極ファン(?)の間ではみっちー及川光博 が榎木津に最適といわれてたのに・・・・。
みっちーの榎木津探偵が良かったなーっ。ええ、及川光博すきなんです。 面白いし。
残念ながら彼の歌は好みじゃないので聴きませんけど、顔としゃべりは好き(笑)
と熱く語ってしまった。 とにかく今まで出てきたいろんな人が出てきて、京極堂が揺れていて、人間らしい話でした。

でも京極堂シリーズは魍魎の匣が一番好き。

theme : 推理小説・ミステリー
genre : 本・雑誌

tag : 京極夏彦

金魚
はちゅね
最新記事
カテゴリ
カテゴリ(作家別)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

作家

海堂尊 ジェフリー・ディーヴァー ピーター・ラヴゼイ 伊坂幸太郎 トリイ・L・ヘイデン 雫井脩介 貴志祐介 リドリー・ピアスン 恩田陸 誉田哲也 荻原浩 内田樹 スティーヴン・キング 京極夏彦 久坂部羊 松井今朝子 リチャード・ノース・パタースン 香納諒一 貫井徳郎 司馬遼太郎 万城目学 ロバート・ウォーカー 橘玲 ダン・ブラウン 芦辺拓 折原一 深田晶恵 乃南アサ 桜坂洋 久綱さざれ 梨木香歩 薬丸岳 魚柄仁之助 平山夢明 ジョン・グリシャム 吉本佳生 スコット・トゥロー 藤巻健史 池上彰 呉善花 泉流星 竹川美奈子 桐野夏生 加門七海 五十嵐貴久 林壮一 谷口克広 恒川光太郎 我孫子武丸 パオロ・マッツァリーノ ワリス・ディリー 乙一 寄藤文平 アン・ルール 内藤忍 木村剛 西澤保彦 絲山秋子 佐々木敏 西條奈加 飴村行 横山秀夫 小野不由美 山本弘 ジャック・ケッチャム 左巻健男 北村薫 穂村弘 アガサ・クリスティー 北尾トロ 新津きよみ 岩尾明子 広川純 井形慶子 安東能明 今野敏 山崎元 萩原博子( マーチン・リンストローム 米山秀隆 谷本美加 畑村洋太郎 マーク・クリッツマン 楠本くに代 草間俊介 D.W.バッファ デボラ・D・クロンビー 鎌田なお子 神山裕右 内山安雄 朝倉智也 エリック・ガワー グロリア・マーフィー R・ターガート・マーフィー 海外投資を楽しむ会 渋谷昌三 川瀬七緒 山田宗樹 菅野朋子 M・スコット・ペック ウイリアム・アイリッシュ マリカ・ウフキル ミシェル・フィトゥーシ 松尾スズキ 明野照葉 中町敏矢 横山光昭 ゾラン・ジフコヴィッチ 藤巻幸夫 小島信夫 星野智幸 田麗玉 井戸美枝 大内悦子 山口哲生 渥美公秀 伊園旬 佐々木謙 地震イツモプロジェクト シェルビー・ヤストロウ 岩井志麻子 小泉喜美子 アイラ・レヴィン 森見登美彦 細沢祐樹 山形優子フットマン マックス・ギュンター 上野千鶴子 乾くるみ ジェイムズ・P・ホーガン 佐藤友之 斉藤寅 松本茂 高田侑 マーク・オルシェイカー デボラー・J・ベネット 近衛龍春 森博嗣 ジム・ブラウン 香月日輪 和田竜 三崎亜記 池上良太 佐々木俊尚 大田垣晴子 ジャン・フィリップ・トゥーサン 岡崎良介 ジョン・ダグラス トニー・パーカー 前川裕 早坂隆 松井幹彦 藤田郁雄 午堂登紀雄 エィミ・タン 滝本竜彦 大津學 森巣博 三浦展 ジェイン・オースティン 緒川怜 ヒラリー・ウォー 福澤徹三 マルコム・ゴドウィン 文国鎭 ジェーン・エリオット 武田邦彦 上野正彦 サンドラ・ヘフェリン 山崎泰 望月衛 林康史 高山マミ ケン・グリムウッド 高原英理 エマミ・シュン・サラミ 姫野カオルコ ピ-ター・コレット 浅田次郎 梶尾真治 東浩紀 岸田るり子 内田春菊 松田青子 佐藤友哉 スティーヴン・キング 帚木蓬生 東野圭吾 小野正嗣 山田悠介 角田光代 スアド 道尾秀介 ティモシー・F.マッカーシー 家計ライフプラン研究会 プーラン・デヴィ 笹本稜平 泉久恵 ファウジーヤ・カシンジャ おいしく「お金」もらい隊 「新潮45」編集部 内海夏子 速水敏彦 北川邦宏 養老孟司 ゲルト・ギーゲレンツァー メアリー・シェリー 早乙女ゆうこ ロバート・アーリック 安田・まゆみ エイブル ドナート・カッリージ チャールズ・エリス 荻上チキ バッファ D.W. バートン・マルキール 横関大 峯山正宏 ゲーリー・ベルスキー トーマス・ギロヴィッチ 鬼沢忍 UFJ総合研究所 筒井康隆 瀬哲弘 香山リカ 酒井順子 山中恒 梅田望夫 鈴木雅光 ジョゼフ・フィンダー ジョン・A.・パウロス リリー・フランキー ダナンジャイ・キール 佐伯良隆 曽根圭介 ジョン・コイン イザベラ・バード 多島斗志之 黒武洋 小林泰三 ジョン・カッツェンバック 山本文緒 三上延 方波見寧 ローレンス・ブロック 沢村凜 トマス・J.スタンリー ウィリアム・D.ダンコ 松村比呂美 北上秋彦 野沢尚 服部まゆみ 矢口敦子 山田登世子 桜庭一樹 米澤穂信 ローリー・コルウィン ラリー・ジョンソン 細野真宏 斎藤環 キャロル・オコンネル ジェイムズ・パタースン サイモン・ベケット ジョン・バーナム・シュワルツ 多田文明 山本御稔 大村あつし 小和田哲男 トマス・H・クック ジュリー・パーソンズ 明智憲三郎 ヘンリー・デンカー 佐々木譲 山崎俊輔 大江英樹 藤原美喜子 領家高子 桐生祐狩 石川貴康 青砥恭 湊かなえ 長谷川高 岡本和久 村上尚己 山田順 永野良佑 中西佐緒莉 加谷珪一 國場弥生 長岐隆弘 ローズ・ジョージ 北川邦弘 勝間和代 沼田まほかる 垣谷美雨 泉正人 ジェイン・オースティン セス・グレアム・スミス 畠中恵 サンドラ・パーシャル 新井潤美 後藤秀樹 田中香津奈 ナンシー・ピカード 後田享 渋澤健 ジョイ・フィールディング 河名秀郎 マーティン・クラーク 村田くみ 島田裕巳 サラ・ウォーターズ 劇団ひとり 篠田節子 下関マグロ パトリシア・コーンウェル スティーヴン・J・ダブナー 廣田弘毅 ドナ・ウィリアムズ スティーヴン・D・レヴィット 瀬名秀明 彩坂美月 梶よう子 森岡浩之 高野和明 神崎宣武 ジョン・C・ボーグル 加藤廣 舞城王太郎 結城五郎 山田和 山本譲司 佐光紀子 中嶋博行 ロビン・クック 岸恵美子 デニス・ルヘイン 花輪陽子 林望 日本経済新聞社 渋澤龍彦 プリーストリー 尾上堅視 谷甲州 森永卓郎 藤川太 石井希尚 遠藤浅蜊 小川勝己 古市幸雄 近藤雅樹 石川結貴 塩野七生 隆慶一郎 山崎正和 石原慎太郎 堺屋太一 柴田佳秀 東アジア怪異学会 釜口浩一 町山智浩 キャサリン・フィッシャー 白石昌則 あらかわ菜美 小田明美 五十嵐太郎 井上順孝 池田圭一 桑嶋幹 きくちいま 久能木紀子 村上早人 菊地ひと美 杉浦日向子 利倉隆 マイクル・クライトン キャスリン・アシェンバーグ 武光誠 池谷裕二 井沢元彦 久保田裕道 勝崎裕彦 市田ひろみ 都築響一 パディ・ドイル 山本成一郎 服部幸應 坂東眞砂子 林秀彦 アダム・ファウアー 

プロフィール

+紙魚+

Author:+紙魚+
趣味:読書&投資

でも語れるほどでもない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索
+紙魚+にひと言送る

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
amazonで検索
広告


広告
広告