2007決算

2007年の運用結果は「+3.16」でしたBrilliant
あれ? 感覚的にはプラマイゼロだったんだけどな?(^-^;)
新興国は後半にガクンと暴落した印象だけど、年間リターンだとしっかり利益をあげてますねぇ。うーん。。。。新興の割合減らさないと下がった時が怖いぞと以前から思ってて、今もそう思ってますが、現実は新興国の方が下げてからの戻りが早いし、リターンも良いのよね。。。。。でもやっぱり割合は減らしていこう。

ローズ2007年の反省
・2006決算で書いた「2007年はアセットアロケーションに沿って計画的に♪あほ取引はしないぞ☆」という言葉がむなしい。アセットアロケーションに沿わない計画的じゃないFX取引をしてました ><;  後悔はしてないけどさ。

今年こそアセットアロケーションに沿ってやるんだぁ。
なんせ今年は目標資産配分を現状にあわせちゃうんだもんね☆ (* ̄- ̄)ウヒヒ 
ってこれって目標配分の意味があるのだろうか?
やっぱFXを切り離さないと訳がわからなくなってくる。ポジ縮小して、目標配分をFX込みのものから通常タイプへ戻さねば・・・。今年はFXの切り離しが目標だな。
 
以下今年の計画メモ

ローズ日本株式  2008年目標配分20%(現18.8%)
・まめ株で作った高配当ファンドの配当利回りを把握すること。
 配当が来たらまとめて口座へ入金していたので、まめ株分なのか、普通の株の分なのかわからなくなった。
・個別株の一部を損切り?
 下がりすぎてて、ここまできたら「死なば諸共」と損切り実行できない。

ローズ外国株式    2008年目標配分20%(現16.6%)
現状新興比率多し 
 ・トヨタアセットバンガード積立継続
 ・米・欧州を半々の割合に近づける.

ローズ日本債券     2008年目標配分10%(現19.9%)
多い けど減らすのもなんだか抵抗があるー。ゆっくり減らしましょ。
 
ローズ外国債券     2008年目標配分30%(現29.1%)
FXの為に目標配分を増やすはめになった。FXのポジは減らしたい。債券現物増やしたい。
・MMFの積立継続

ローズその他&流動性     2008年目標配分20%(現15.4%)
・リート 積立継続。
・コモディティは買増中止。
・債券ベア:解約(新生銀行で購入したから解約しかない;;)
・流動性資産が無い。でも必要性が見出せない今日この頃。
 流動性資産ってどうする為のものなのだ? いらなくない?

FX+ウェディング宣言

ウェディング宣言  2007/10/7
原題 MONSTER-IN-LAW/DAS SCHWIEGERMONSTER
監督 ロバート・ルケティック
出演 ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ、マイケル・ヴァルタン

息子を溺愛する母親が、息子の彼女とバトルを繰り広げるはなし。

んー。綺麗に纏まってますがけど、思ったより面白くなかったカモ。 
失敗でもなかったけど、メインの嫁姑戦争より彼女の友人の男性が良かった。
もうちょっと彼を活躍させてほしかった~。



+FXメモ+  0.1=1,000通貨 評価損益にはスワップ損益も含む
  -713,947(評価損益) Σ (゚□゚ノ)ノ

bid      ポジ       差引R(bidから保有平均単価を引いた数値)
106.65  USD/JPY L1.3  -4.36
157.92  EUR/JPY L2.5  -9.58
208.88  GBP/JPY L2.9 -16.89
094.09  AUD/JPY L0.6  -3.16
091.93  TRY/JPY L0.4  -3.46 

更に-8.77円/0.1までOK  
まっかっか~  保証金入金用に準備してたお金も新年早々入金しちゃったしぃ
まだ保証金用にお金を用意しなくっちゃ駄目そうね どこからもってくるかな。
セントラル短資から引き出しても大丈夫かなぁ~?

theme : 恋愛映画・ロマンティックコメディ
genre : 映画

FX+隣の家の少女

隣の家の少女  2007/10/7
ジャック ケッチャム (著),金子 浩 (翻訳)  ☆

隣の家に突然美少女がやってきた。彼女の両親が突然交通事故で亡くなったので、妹と共に主人公の隣の家へ引き取られてきたのだ。
隣の家の子供と仲の良い主人公だったが、遊びに行っているうちに少女が虐待されていることを知る。


現実に悲惨な話は沢山あるし、理不尽なこともはびこっているわけで、小説でまで不愉快になるような理不尽さ、悲惨な話は読みたくないよ。スティーブンキング絶賛! らしい。スティーブンキングは好きだけど、なんでこれを絶賛したのかよくわからんわ。
とはいえ、私もホラー&サスペンスは好きだし、猟奇ものが苦手ってわけでもないので、この作品だけがなぜ嫌いなのか考えてみた。

たぶん、「話の一環として、虐待がある」のではなくこの小説自体が「少女への虐待を書くために書かれたもの」と感じるからだと思う。
ほとんどのページがこの少女への虐待を詳細に書くことに使われているわけで、特にストーリーや人物の詳細な心理描写もないし。
夫は文章がウマイ といっていたけれど。私はそうでもないと思う。でも猟奇系を描くことに情熱を持てる人だということはわかるわ。

ただ美少女への虐待が詳細に書かれているものを読みたいという読者もいるだろうし、そういう人には良い小説なんじゃないでしょかね?私はムリ。最後まで読んだけど、読む価値はなかったな~。
だって延々詳細な虐待方法がのっているだけで、面白くないんだもん。




+FXメモ+  0.1=1,000通貨 評価損益にはスワップ損益も含む
  -703,918(評価損益) o( ̄ヘ ̄;)。o0○(・・・)

bid      ポジ       差引R(bidから保有平均単価を引いた数値)
107.02  USD/JPY L1.3  -3.99
157.05  EUR/JPY L2.5  -7.46
210.07  GBP/JPY S0.3  -2.46
210.02  GBP/JPY L2.9  -15.76
094.37  AUD/JPY L0.6  -2.90
090.20  TRY/JPY L0.5  -4.28 

更に-13.06円/0.1までOK
昨日の夜の円高の波に恐れおののいて入金しました。
今のうちからまた次のお金を用意しなくっちゃ・・・。
ザルに水を入れてるみたい。いつまで家の資金がもつか疑問。

theme :
genre : 本・雑誌

tag : ジャック・ケッチャム

FX+サンキュー・ボーイズ

サンキュー・ボーイズ  2007/10/8
原題 RIDING IN CARS WITH BOYS
監督 ペニー・マーシャル
出演 ドリュー・バリモア 、スティーヴ・ザーン 、アダム・ガルシア

小さな田舎町。高校生の主人公(ドリュー・バリモア)がパーティーでついついイイカンジになった男の子の子供を妊娠してしまう。
成績優秀で、大学へ進学するはずだった女の子が、人生計画を変更して結婚するハメに。相手は仕事もろくに続かず、生活苦。それでも今の生活から逃れようとがんばる主人公の話。

ドリュー・バリモアが見たくて借りました。 がっ。
辛い、辛いよ (T_T) なんかね、感動の話 っぽい作りだったんだけど、悲しいお話だよこれ。希望の話という感じじゃなかったし。邦題がまた、サンキュー、ボーイズって? 
原題のRIDING IN CARS WITH BOYSはわかるけどサンキュー?サンキューなの??
これ、中学生とか高校生の女子に見せるとよいと思われマス。 


+FXメモ+  0.1=1,000通貨 評価損益にはスワップ損益も含む
  -754,392(評価損益) 

bid      ポジ       差引R(bidから保有平均単価を引いた数値)
106.62  USD/JPY L1.3  -4.40
155.91  EUR/JPY L2.6  -8.28
209.91  GBP/JPY S0.3  -2.24
209.84  GBP/JPY L2.9 -16.04
092.89  AUD/JPY L0.7  -3.97
089.30  TRY/JPY L0.5  -5.22 

更に-12.25円/0.1までOK
ドル&ポンド以外も下がってきたような気がする ┐( ̄ヘ ̄)┌

theme : ヒューマン・人間ドラマ
genre : 映画

FX メモ -980,443

+FXメモ+  0.1=1,000通貨 評価損益にはスワップ損益も含む
  -980,443(評価損益) o( ̄ヘ ̄;)。o0○(・・・)

bid      ポジ       差引R(bidから保有平均単価を引いた数値)
106.01  USD/JPY L1.3  -5.00
152.81  EUR/JPY L2.6  -11.38
205.64  GBP/JPY L2.9  -20.12
091.10  AUD/JPY L0.7  -5.56
086.20  TRY/JPY L0.5  -5.24 

更に-9.77円/0.1までOK   



ハンゲームの"シュミッドディーヴァ"というゲームにハマりそうです。
先日、ラッキー・ユーというポーカー映画を見たら、ポーカーをやってみたくなってハンゲームのサイトを訪れたんです。
そしたらハンゲームのサイトの「姫のもとへ集え!!シュミッドディーヴァ」という謳い文句にうっかり釣られて、ポーカーはそっちのけで、こちらのゲームをやり始めました。
カードゲーム+ボードゲームです。 
コンピューター(NPC)相手に何度も練習してやっとルールがわかってきました。
どうも理解の速度が遅いようです。
早く人と対戦してみたいっ
シュミッドディーヴァ・スペシャルページ
 

theme : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
genre : 株式・投資・マネー

ホリデイ

ホリデイ  2007/10/15
原題 THE HOLIDAY
監督 ナンシー・マイヤーズ
出演 キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ

L.Aに在住のアマンダとイギリス片田舎在住のアイリスが、12月に失恋。
クリスマス休暇をどこかに逃げ出して過ごしたくなったアマンダがネットで発見したのが、ホームエクスチェンジに登録していたアイリスの家だった。
雰囲気のあるアイリスの家にアマンダが行き、L.Aのアマンダの豪邸にアイリスが行き、クリスマス休暇を過ごすことになった。

家を交換って面白そうですよね。それとジュード・ロウが出てるというなんとも現金な理由でみることにした映画。ジャック・ブラックも出てるし・・・(笑)
ジュード・ロウはガタカで惚れました。。。。というかガタカのジュード・ロウだけが好きだったんですが、この映画のジュード・ロウもとっっても素敵でした(笑)
ストーリーとしては、イケてるアマンダに同調できず、アイリス(ケイト・ウィンスレット)に同調してみていたので、アイリス頑張れ~~!と応援してました。
アイリスのストーリーの方がアマンダの方より面白いんだもん。
ジュード・ロウ好きにはたまらないー。ジュード・ロウの泣きが特に素敵腟

theme : 恋愛映画・ロマンティックコメディ
genre : 映画

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール    2007/10/18

マネーの公理 スイスの銀行家に学ぶ儲けのルール (単行本)
マックス・ギュンター (著), 林 康史 (翻訳), 石川 由美子 (翻訳)

スイスの銀行家達の投機の12公理を解りやすく解説

副題が儲けのルールだったので、??と思いつつ読みました。
これが、面白かったの。なんだか新鮮。丁度タイミングが良かったのもある(笑)
書いてある内容は色々あって、例えば
1・強欲について 
2・希望について
3・計画について
1に関しては先日からの自分のFXでの行動がそのままダメダメ行動典型
2に関しては損切り出来ずに放置しておいたら上場廃止になったサンライズテクノロジーの株券が送付されてきたばっかり
3に関して長期計画(ライフプラン)をたてては見るモノの、1%なにかが変化するだけで計画が狂うんだなと思ったり
ということを経験したばっかりだったので、笑ってしまった。

基本的に投資と体裁よく言い換えているが、それらはすべて投機であり、投機なくして金持ちにはなれず、しかしながら、投機で儲けようとしても金持ちになれるとは限らないというような本かな?(あってる?)
ただ儲かる人たちにはそれなりに守っているルールがあって、そのルールの紹介。

分散投資、長期投資はけちょんけちょんにされてますが、分散投資らぶ長期投資らぶな私でも読めます。分散投資は儲からない、一点集中投資でGO!と書いてあって、その通りと膝を打ったりしながら読み進められます。

あれ?膝をうっちゃだめ?(笑)
でも分散投資ってお金持ちになるほどは儲からないということをやっとわかってきたところだったので(笑)「左うちわで暮らせるほど儲からなくても良くって、すってんてんにもなりたくなくて、でもだんだん貧乏になっていくのは嫌で分散投機やってんだなぁ」と改めて自分がなぜ分散&長期投資をし始めたのか、を振り返りました。

でもやっぱ儲けたい!!という欲目があるので、「FXでレバレッジかけて投機をやってんだな」と今更自分で気付いたところに、"庶民が余裕資金で投機しても余裕資金自体が少ないので、金持ちにはなれませんよ"とこの本で諭される(貧乏人は失敗しても失うものはないのだから全財産を賭けて投機するべし!な本)。でも貧乏人でもこれ以上の貧乏人にはなりたくないのよんとつらつら思いつつ読みました。


もともと儲けられる才能がある人が読むと、ルールを守って金持ちになる可能性はアップすると思うけど、私のような市場で儲けられるような才能はない人と自覚している人がこの本を読んでも金持ちにはなれないですね~。でもだからこそ(?)やっぱ儲ける才能、イケる投機ができるほどの嗅覚がない人間はホドホドに分散&長期でいくしかないのねーと強く意識させられました。他の分散&長期投資をけなしている儲け本を読んだときはそんなこと思わなかったんだけど・・・・。自分を過信しそうな時に読むと、やっぱ私には才能がないと思えて、強気の投資にブレーキがかかりそうな本です。 
まだまだなんだか頭にしみこまないので、また読みたいなぁ。

theme : お金の勉強
genre : 株式・投資・マネー

tag : マックス・ギュンター

FX+FP技能検定教本

ゼルダ+FP技能検定教本2 2007/09/14の日記
以来FP技能検定教本のこと書いてなかったっけ~? と記憶があやふや。
↑以来「年金・社会保険」と
「タックスプランニング」を先日読み終え、やっと!!
「金融資産運用」を注文できた(^▽^)b

全分冊を読むつもりだったけど、途中からもう「不動産」は読まなくていいやと放棄じゃ。「タックスプランニング」の法人税と同族会社の税金の箇所もそうだったけど、全く興味がないところは読んでも全然頭に入ってこない。趣味で読んでるワケだし、今のところ興味のない不動産の分野は読まなくてよいよねってことで。いつか資格試験を受けようと思ったら勉強すればいいのさ。
あ~商品が届くの、楽しみ~。

+FXメモ+  0.1=1,000通貨 評価損益にはスワップ損益も含む
  -637,388(評価損益) ( ´,_ゝ`)

bid      ポジ       差引R(bidから保有平均単価を引いた数値)
106.49  USD/JPY S0.2  -1.49
106.47  USD/JPY L1.3  -4.54
158.02  EUR/JPY L2.5  -6.50
211.47  GBP/JPY S0.6  -3.02
211.40  GBP/JPY L2.9  -14.37
094.66  AUD/JPY L0.6  -2.59
090.51  TRY/JPY L0.5  -3.98 

更に-13.94円/0.1までOK  
もちょっとショートポジを取って攻めておけば良かったのかな~
寝てる間に勝手に+2,000円取れただけマシか。
※EUR/JPYのポジL0.1記載ミスでずっと2.6になってたみたい。
いつからか間違ってる…ずっとL2.5だYO。

theme : 実用・役に立つ話
genre : 趣味・実用

金魚
はちゅね
最新記事
カテゴリ
カテゴリ(作家別)

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
作家

海堂尊 ジェフリー・ディーヴァー ピーター・ラヴゼイ トリイ・L・ヘイデン 伊坂幸太郎 雫井脩介 貴志祐介 恩田陸 内田樹 誉田哲也 荻原浩 ダン・ブラウン リドリー・ピアスン スティーヴン・キング 松井今朝子 ロバート・ウォーカー 万城目学 香納諒一 リチャード・ノース・パタースン 久坂部羊 橘玲 西條奈加 司馬遼太郎 芦辺拓 貫井徳郎 折原一 京極夏彦 乃南アサ 平山夢明 池上彰 藤巻健史 深田晶恵 魚柄仁之助 呉善花 ジョン・グリシャム 久綱さざれ スコット・トゥロー 吉本佳生 桜坂洋 梨木香歩 薬丸岳 新津きよみ 穂村弘 北尾トロ ワリス・ディリー パオロ・マッツァリーノ 北村薫 内藤忍 山本弘 広川純 小野不由美 木村剛 アガサ・クリスティー 乙一 恒川光太郎 我孫子武丸 桐野夏生 竹川美奈子 アン・ルール 飴村行 林壮一 加門七海 安東能明 横山秀夫 寄藤文平 谷口克広 湊かなえ 今野敏 山崎元 絲山秋子 左巻健男 岩尾明子 ジャック・ケッチャム 泉流星 佐々木敏 井形慶子 五十嵐貴久 西澤保彦 萩原博子( 朝倉智也 草間俊介 畑村洋太郎 北川邦宏 エリック・ガワー アダム・ファウアー デボラ・D・クロンビー R・ターガート・マーフィー ダナンジャイ・キール D.W.バッファ 楠本くに代 D.W. 星野智幸 小島信夫 田麗玉 ロビン・クック 菅野朋子 明野照葉 荻上チキ 笹本稜平 海外投資を楽しむ会 デニス・ルヘイン 神山裕右 佐光紀子 渋谷昌三 藤巻幸夫 中町敏矢 日本経済新聞社 上野千鶴子 岩井志麻子 アイラ・レヴィン シェルビー・ヤストロウ 和田竜 マーク・オルシェイカー ジョン・ダグラス 乾くるみ 地震イツモプロジェクト ジェイムズ・P・ホーガン 森見登美彦 川瀬七緒 斉藤寅 松本茂 渥美公秀 伊園旬 岡崎良介 ジャン・フィリップ・トゥーサン 三崎亜記 池上良太 デボラー・J・ベネット マックス・ギュンター ドナート・カッリージ 藤田郁雄 佐藤友之 森博嗣 佐々木俊尚 早乙女ゆうこ 午堂登紀雄 松井幹彦 山田宗樹 大田垣晴子 早坂隆 リリー・フランキー グロリア・マーフィー マルコム・ゴドウィン 高山マミ 望月衛 林康史 福澤徹三 スティーヴン・キング 森巣博 エィミ・タン 滝本竜彦 ジェイン・オースティン 上野正彦 トーマス・ギロヴィッチ 鬼沢忍 大津學 ゲーリー・ベルスキー ティモシー・F.マッカーシー 文国鎭 ジェーン・エリオット 緒川怜 三浦展 ヒラリー・ウォー 梶尾真治 姫野カオルコ 内田春菊 東浩紀 高原英理 ピ-ター・コレット 梶よう子 岸田るり子 浅田次郎 山田悠介 角田光代 ケン・グリムウッド 松田青子 小野正嗣 帚木蓬生 佐藤友哉 スアド エマミ・シュン・サラミ 東野圭吾 山崎泰 サンドラ・ヘフェリン 養老孟司 ゲルト・ギーゲレンツァー メアリー・シェリー 峯山正宏 道尾秀介 ロバート・アーリック 武田邦彦 安田・まゆみ エイブル 横関大 鎌田なお子 松尾スズキ ウイリアム・アイリッシュ M・スコット・ペック ミシェル・フィトゥーシ マリカ・ウフキル 渋澤龍彦 谷本美加 大内悦子 速水敏彦 プーラン・デヴィ ジョン・A.・パウロス 梅田望夫 山中恒 ジョゼフ・フィンダー 鈴木雅光 バートン・マルキール UFJ総合研究所 筒井康隆 瀬哲弘 香山リカ ファウジーヤ・カシンジャ 泉久恵 家計ライフプラン研究会 内海夏子 「新潮45」編集部 酒井順子 チャールズ・エリス おいしく「お金」もらい隊 バッファ 谷甲州 香月日輪 河名秀郎 ジョイ・フィールディング ナンシー・ピカード マーティン・クラーク 田中香津奈 垣谷美雨 泉正人 後藤秀樹 後田享 渋澤健 領家高子 山崎俊輔 大江英樹 桐生祐狩 青砥恭 勝間和代 北川邦弘 石川貴康 沼田まほかる ジェイン・オースティン ジョン・コイン 山本文緒 山口哲生 北上秋彦 曽根圭介 多島斗志之 服部まゆみ 黒武洋 小林泰三 野沢尚 ウィリアム・D.ダンコ サンドラ・パーシャル 新井潤美 セス・グレアム・スミス 畠中恵 佐々木譲 トマス・J.スタンリー 方波見寧 ヘンリー・デンカー 藤原美喜子 ジム・ブラウン 森永卓郎 尾上堅視 藤川太 遠藤浅蜊 廣田弘毅 彩坂美月 キャサリン・フィッシャー 都築響一 森岡浩之 中嶋博行 岸恵美子 高田侑 トニー・パーカー 前川裕 小泉喜美子 佐々木謙 林望 山形優子フットマン 細沢祐樹 ラリー・ジョンソン 桜庭一樹 中西佐緒莉 村上尚己 山田順 永野良佑 加谷珪一 ローズ・ジョージ 岡本和久 國場弥生 長岐隆弘 花輪陽子 長谷川高 佐伯良隆 イザベラ・バード ジョン・カッツェンバック 三上延 松村比呂美 村田くみ 沢村凜 ローレンス・ブロック 矢口敦子 山本御稔 武光誠 池谷裕二 井沢元彦 キャスリン・アシェンバーグ 石川結貴 近藤雅樹 神崎宣武 森真一 高野和明 マイクル・クライトン 菊地ひと美 坂東眞砂子 林秀彦 服部幸應 勝崎裕彦 マーチン・リンストローム 杉浦日向子 利倉隆 久保田裕道 ジョン・C・ボーグル 結城五郎 近衛龍春 山本譲司 山田和 ドナ・ウィリアムズ 横山光昭 石井希尚 井戸美枝 小川勝己 古市幸雄 スティーヴン・D・レヴィット スティーヴン・J・ダブナー マーク・クリッツマン 加藤廣 舞城王太郎 瀬名秀明 下関マグロ パトリシア・コーンウェル 劇団ひとり 篠田節子 山本成一郎 市田ひろみ キャロル・オコンネル ゾラン・ジフコヴィッチ ローリー・コルウィン 山田登世子 斎藤環 細野真宏 小田明美 サラ・ウォーターズ 島田裕巳 米澤穂信 ジェイムズ・パタースン 大村あつし ジョン・バーナム・シュワルツ 多田文明 小和田哲男 明智憲三郎 サイモン・ベケット トマス・H・クック ジュリー・パーソンズ あらかわ菜美 白石昌則 東アジア怪異学会 釜口浩一 堺屋太一 石原慎太郎 柴田佳秀 久能木紀子 米山秀隆 パディ・ドイル 村上早人 塩野七生 隆慶一郎 きくちいま 井上順孝 五十嵐太郎 桑嶋幹 池田圭一 山崎正和 町山智浩 内山安雄 プリーストリー 

プロフィール

+紙魚+

Author:+紙魚+
趣味:読書&投資

でも語れるほどでもない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索
+紙魚+にひと言送る

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
amazonで検索
広告


広告
広告