症例A

症例A 2010/4/28
多島 斗志之 (著) ☆☆☆


精神科医である榊氏は、自分の担当の患者である亜左美に、分裂病との診断をするのを迷っていた。 女性臨床心理士である広瀬氏は、亜佐美の病気は、「解離性同一性障害(多重人格)」の可能性があると言う。多重人格という病名を疑わしいと思っている医師の苦悩

博物館に勤務する江馬氏。江馬の家で発見された手紙には、博物館でホンモノとして展示されている狛犬が偽物かもしれないと書かれていた。手紙の差出人を捜し、榊氏と広瀬氏が勤務する病院へ向かう



まぁまぁ面白かったかなぁ~?まぁ一部拍子抜けだったけども。
広瀬さんと榊氏のやりとりが面白かった。

ご本人、失踪後見つかってないんですね~

theme : 推理小説・ミステリー
genre : 本・雑誌

tag : 多島斗志之

神話の島

神話の島 2010/4/30

久綱さざれ(著) ☆☆☆
ハーツと同じ作者

高校生の主人公は叔父の家で生活している。両親は新興宗教にはまり込み、叔父が主人公だけを引き留めたのだった。ある日自分に妹がいたことを知らされた主人公は妹が暮らすという御乃呂島へ向かった。 観光名所でもない寂れた島に到着したが、その島で連続殺人事件がおきてしまい、島から出られなくなる。

島に残留した島外の人のなかに「笹礼懐」がいたのですが、最後の解決まで誰だかさっぱり思い出せませんでした。解決のとこでやっと「あぁ!!あんたハーツのあの人ですか!?」と思い出したので、この本読むならハーツが先の方が良いかと思われます。島は"事件が起きるぞ感たっぷりの雰囲気"に包まれてたので、横溝ばりのどろどろぐちゃぐちゃな話を期待したら、思いの外綺麗にまとまってて、ちょっとがっかり。 
面白くない訳じゃない・・・でもこの小説が「第1回ムー伝奇ノベル大賞最優秀賞受賞」と聞いてOKという人だけ読んだ方が良いかも。

theme : 伝奇小説
genre : 本・雑誌

tag : 久綱さざれ

夜市

夜市  2010/4/30
恒川 光太郎 著   ☆☆☆☆☆


小さい頃に弟と、おとぎ話のような場所、なんでも売っている夜市に言ったことがある青年。そこで彼は弟と引換に野球の才能を手に入れた。その後、また夜市が開かれるという知らせが届き、青年は再び夜市に行くことにした。

とても雰囲気のある小説で、ハマりました。読み終わってもなかなか小説の世界から戻ってこられなかった・・・

theme : ファンタジー小説
genre : 本・雑誌

tag : 恒川光太郎

殺戮にいたる病

殺戮にいたる病 2010/5/4

我孫子 武丸 (著),   ☆☆☆☆☆

若い女性が次々と殺されている連続猟奇殺人。
そのニュースがテレビで流れる度に息子が殺人犯じゃないか、と疑いつつもまさか、そんなと自分の考えを否定する主婦。

ああー!!ありがちっちゃぁありがちな猟奇殺人の話かな、と思ったんだけど、面白かった。

ホラー小説ジャンルなのかミステリ小説ジャンルなのかわからんな~。とりあえずグロ描写ありなのでホラーに入れときました。

theme : ホラー小説
genre : 本・雑誌

tag : 我孫子武丸

マドンナ・ヴェルデ

マドンナ・ヴェルデ 2010/5/11
海堂尊(著)

マンションでゆったりと一人暮らしの主婦みどり。
娘の産科医曾根崎理恵から「子どもを産んで欲しい」とお願いされる。驚くみどりだが、娘とその夫との合意があることを知り孫を体内で育てる。しかしだんだん娘の子どもを宿すことに疑問を抱きはじめる

この娘さんは、ジーン・ワルツの曽根崎医師です。ジーン・ワルツで出てきたみどりさんは、普段の生活でこういう人たっだんだ~と、ジーンワルツを読んだ人ならではの裏話を楽しむ感じ。読んでいるとちゃんと出汁をとったお味噌汁と炊きたての御飯を食べたくなります。

theme : 小説
genre : 本・雑誌

tag : 海堂尊

粘膜蜥蜴

粘膜蜥蜴 2010/5/14

飴村 行 (著)  ☆☆☆☆

国民学校初等科に通う真樹夫と大吉が同級生の雪麻呂の自宅に招待された。
雪麻呂の父は総合病院の院長で、自宅には小間使いとして頭が蜴の爬虫人を使っている。その雪麻呂家の地下で、散々な目にあう二人。
東南アジアでえらいさんを護衛して爬虫人の住む場所へいったりします。

粘膜人間より面白かった。東南アジアの爬虫人の住む場所へ行ったあたりなんかが特に。

theme : ホラー小説
genre : 本・雑誌

tag : 飴村行

年金基金から書類が届いた

昨日国民年金基金連合会から、個人型確定拠出年金の加入確認通知書が送られてきました!
5月11日位に郵送したので、大体手続きに1ヶ月かかったということですね。

初回引き落としは6月27日です。普段使わない口座なので入金しとかないといけません。早めに入金しとこっと。

ところで、401kの配分なんですが、あれからやっぱり考えてなくて困りますわ。
先進国債券(差:0.41%)
  琉球銀行:0.2205% ←
   eMAXIS:0.63%
この扱いに困るw やっぱし0.4%の差って大きいのかなぁ…。大きいけどさぁ。

あとですね、国民年金基金連合会の個人型確定拠出年金のサイトの業務の状況が面白かったです。ココ。業務の状況

加入者に比べて運用指図者が多いわぁw 転職して企業独自の企業年金がありました!という人って少ない気がするから若い世代で運用指図者になってる人々は放置中なのー?と思うんだけど違うのかな。 まだ企業年金独自にやってる会社って案外多いのかな~大きい会社はやってそうだけどさ。

あとは掛金の拠出状況(22年3月末現在)
うちは32,000なんですが、同じ金額帯の人は2,770人
一番多い金額帯は10,000~14,000円で11,607人でした~。意外。65,000~68,000円が一番多いのかと思ったんだけどね。そうでもないのねー。金銭的な余裕の問題かしらん。

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー


曽根 圭介(著) 2010/5/16 ☆☆☆☆

「暴落」「受難」「鼻」の短編3部作
「暴落」は個人それぞれの株式が上場されていて、その時々の行動・価値で価格が上下するというおもの。例えば弟がリストラになると兄も弟の価値(株価)に影響を受けて連れ安になるというようなもの。世にも奇妙な物語にもありそうなよくある話、だけどもありがちであってもそんなこと関係なく面白い。

「受難」は苦境に陥った男の周りに表われる人々からうける受難の話。こういう話はちくちく心臓にきて悪い。ほんと嫌。

「鼻」上記2作より劣る

theme : ホラー小説
genre : 本・雑誌

tag : 曽根圭介

JIS&Tから書類が届く

口座番号と認証パスワードが別々の郵便でJIS&Tから届く。
(↑個人型確定拠出年金の書類デス)
JIS&Tとは日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社の略称でして、記録関連業務(レコードキーピング)を行ってる会社ですよん。確か夫分の確定拠出年金を百五銀行から琉球銀行に移すときにレコードキーピング会社の変更も行ったんで、レコードキーピング会社も運営管理機関と同じくいくつかあるはずです。運営管理機関と連動してるので、自分では選べません。

今日、銀行口座に引き落とし金額2ヶ月分を入金したし、準備は万全ですっ!!引き落とし日ばっちこい!

あーうずうずする。早く、て引き落とし→投信購入というログイン画面を見たいな~。

theme : マネー・貯金
genre : ライフ

野村年金サポート&サービスから書類が届く

速達でした。 ?前はこんな書類届かなかったような気がする?と不審に思って開けたら、届け出た銀行口座印が印鑑相違で銀行から返却されてきたらしいー! がーん。 

この印鑑じゃなかったんだぁ・・・じゃあ、コレかなぁ~?と押してみたので今日返送予定。引き落とし日までに手続きまにあうかなぁ。全然ばっちこいじゃなかったよ 


  (・ω・)
  (∩∩)

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー

グラントリノ

グラントリノ 2010/5/22‏
出演: クリント・イーストウッド, ビー・バン, アーニー・ハー
監督: クリント・イーストウッド

妻を亡くし一人暮らしになってから、頑固爺になって全てに悪態をつく老人になった主人公。息子たちにも嫌われているが、意に介しない程の頑固爺だ。そこへ隣にすむ少年が乱入。普段から付き合いもない隣の家からの謝罪を頑固爺らしくつっぱねた主人公だったが、相手のしつこさに嫌々受け入れる。乱入した少年は弱々っとした少年だった。見るに見かねた主人公は、ついつい少年に人生指南をしはじめる。

ありがちー!という声が聞こえてきそうな話。でもでも水戸黄門好きなワタクシにはとても良い感じですよ。ちょっと世間の理不尽さに疲れた時にほわ~んとこういう話を見るのもいいんじゃないかしらん。

会社で世間話でグラントリノの感想を「良かったけど古典的な作りの映画ですよね~」といったら女性にはこの良さはわからないのかな~と言われてカチンときた今日この頃。

theme : ヒューマン・人間ドラマ
genre : 映画

SMBC日興證券に電話 

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・ピーエルシーの債券
2015年6月29日満期 4年もの 円建社債 年1.26%

気になる~どうしよう~とSMBCにログインしたら、AUD建債券の利金が円に両替されて入金されてたっ!なんでADUのままで入金してくれなんだぁ!ノォオォォ!!!とSMBCに電話。 全部チェックしてもらったらもう一つずっと現地通貨をわざわざ円に両替して入金されてるものがあった。今まで全く気づいてないし。
以前全部外貨受け取りになってるかどうかチェックしてもらった気がするんだけどなぁ。。。。一回言ったらその後も、私ルール(外貨建ての利金等はすべて外貨MMFへ)を全部適用してほしいんだけど、そうもいかないのか。

それともう一つショックなことが。SMBC日興は口座管理料がかかるんですが、3年分前納してると思ってたら1年ごとに管理料を払ってた!!ショック ><
口座管理料:税込3,000円/年 3年分前納一括税込7,000円なんですよっ しかも今から前納申込みは出来なくて、引き落とし月である11月に連絡してくださいーって言うんですよぉ。後5ヶ月後なんて忘れちゃうじゃんね。でも悔しいからぜってー忘れずに電話してやるっ!と決意いたしました。 

※私が口座開設した時期は野村証券も大和証券も外国口座管理料は料金が同じだった。今は野村も大和も管理料無料になってるはずです。SMBC日興も無料になる制度はあるのですが、1.お預り資産が1,000万円以上である場合、2.日興ファンドラップ/SMA等のお取引がある場合のどちらかを満たした場合、なので、ハードル高すぎます。ああ、ハズレの証券会社に口座開設しちゃったよなぁ。

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー

エイリアンの地球ライフ

エイリアンの地球ライフ おとなの高機能自閉症 2010/5/6‏

泉 流星 (著)  ☆☆☆
広汎性発達障害の妻が日常生活の工夫を書く。

なかなか面白かったです。
おとなの高機能自閉症についての本を初めて読むなら、僕の妻はエイリアンの方が良いですね。

theme : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
genre : 心と身体

tag : 泉流星

トウキョウソナタ

トウキョウソナタ 2010/5/21‏

出演: 香川照之, 小泉今日子, 役所広司
監督: 黒沢清

トウキョウ。普通の4人家族。なんてことはない日常。
みんな普通に暮らしている・・・ようにみえる。
でもそれぞれ、秘密を抱えて生きていた。

うっすら暗くてうっすら寂しい。悲しくなってきた

theme : 邦画
genre : 映画

雷の季節の終わりに

雷の季節の終わりに  2010/5/22
恒川光太郎(著)  ☆☆☆☆☆

穏という村で姉と暮らしていた主人公賢也。いつかの雷の季節に姉は居なくなった。その後[風わいわい]にに憑かれた主人公だったが、憑かれたことは村の皆には秘密にしている。町外れの門でであった大人と交流しながら成長する賢也

「夜市」 の作者です。こっちは長編。
独特の世界「穏」にはまる。「風わいわい」という存在に凄く惹かれる。読み終わってからも、今日もどっかの上空に風わいわいが飛んでるのかもなぁ~・・・なんて想像が広がります。

theme : ファンタジー小説
genre : 本・雑誌

tag : 恒川光太郎

国民年金カード払いと確定拠出年金初引き落とし!

・確定拠出年金の引き落とし日が27日でしたが、引き落としされてませんでしたっ /(^o^)\ナンテコッタイ
あーうー。先日押印した印鑑も違っていたのか。それとも再提出が、引き落としの締切りに間に合わなかったのか。→6月17日の日記

・国民年金カード払いの申込み
年金機構からこれまたカード名義と合致しませんでしたの通知。
え~!なんでだ? ちゃんと書いたつもりだったんだけど…。
これまた再申請。

んがー。日々適当にやっつけで生きてるとこうなるという見せしめか。
一応ちゃんとやったつもりなんだけどなー 

theme : 日々出来事
genre : ライフ

金魚
はちゅね
最新記事
カテゴリ
カテゴリ(作家別)

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
作家

海堂尊 ジェフリー・ディーヴァー ピーター・ラヴゼイ 伊坂幸太郎 トリイ・L・ヘイデン 貴志祐介 雫井脩介 西條奈加 京極夏彦 内田樹 荻原浩 ダン・ブラウン リドリー・ピアスン 恩田陸 誉田哲也 乃南アサ 橘玲 折原一 万城目学 リチャード・ノース・パタースン 香納諒一 スティーヴン・キング 松井今朝子 ロバート・ウォーカー 貫井徳郎 久坂部羊 司馬遼太郎 芦辺拓 桜坂洋 薬丸岳 ジョン・グリシャム 藤巻健史 梨木香歩 魚柄仁之助 吉本佳生 呉善花 スコット・トゥロー 深田晶恵 池上彰 平山夢明 久綱さざれ 今野敏 左巻健男 飴村行 ワリス・ディリー 北村薫 湊かなえ 桜庭一樹 井形慶子 ジャック・ケッチャム 有川浩 アン・ルール 山本弘 寄藤文平 恒川光太郎 乙一 竹川美奈子 絲山秋子 小野不由美 岩尾明子 桐野夏生 山崎元 佐々木敏 木村剛 ロビン・クック 北尾トロ 広川純 五十嵐貴久 西澤保彦 我孫子武丸 パオロ・マッツァリーノ アガサ・クリスティー 林壮一 谷口克広 泉流星 安東能明 新津きよみ 内藤忍 加門七海 横山秀夫 メアリー・W・ウォーカー 穂村弘 ジョン・ダグラス 佐々木俊尚 三崎亜記 マーク・オルシェイカー デボラー・J・ベネット 高原英理 森博嗣 藤田郁雄 岡崎良介 大田垣晴子 池上良太 内田春菊 松井幹彦 姫野カオルコ ジャン・フィリップ・トゥーサン 早坂隆 ジェイムズ・P・ホーガン 小川勝己 古市幸雄 石井希尚 浅田次郎 プリーストリー 佐光紀子 渋澤龍彦 谷甲州 岸田るり子 スティーヴン・J・ダブナー パトリシア・コーンウェル 劇団ひとり スティーヴン・D・レヴィット ドナ・ウィリアムズ 山本譲司 山田和 デニス・ルヘイン 日本経済新聞社 伊園旬 森見登美彦 ピ-ター・コレット 渥美公秀 地震イツモプロジェクト アイラ・レヴィン シェルビー・ヤストロウ 佐藤友之 斉藤寅 リリー・フランキー アダム・ファウアー ダナンジャイ・キール 上野千鶴子 マックス・ギュンター 松本茂 乾くるみ 岩井志麻子 萩原博子( 山中恒 瀬哲弘 香山リカ 梅田望夫 ジョン・A.・パウロス 筒井康隆 鈴木雅光 ジョゼフ・フィンダー 酒井順子 チャールズ・エリス 家計ライフプラン研究会 プーラン・デヴィ 速水敏彦 泉久恵 ファウジーヤ・カシンジャ おいしく「お金」もらい隊 「新潮45」編集部 内海夏子 UFJ総合研究所 バートン・マルキール マルコム・ゴドウィン 望月衛 林康史 福澤徹三 ヒラリー・ウォー 森巣博 エィミ・タン 滝本竜彦 上野正彦 文国鎭 鬼沢忍 ケン・グリムウッド 帚木蓬生 トーマス・ギロヴィッチ ゲーリー・ベルスキー ジェーン・エリオット ティモシー・F.マッカーシー 安田・まゆみ エイブル 海外投資を楽しむ会 楠本くに代 草間俊介 渋谷昌三 藤巻幸夫 篠田節子 星野智幸 小島信夫 畑村洋太郎 三浦展 エリック・ガワー 朝倉智也 山田悠介 R・ターガート・マーフィー デボラ・D・クロンビー スアド 角田光代 D.W.バッファ 田麗玉 明野照葉 東野圭吾 鎌田なお子 グロリア・マーフィー 佐藤友哉 メアリー・シェリー ロバート・アーリック 養老孟司 ゲルト・ギーゲレンツァー 谷本美加 大内悦子 M・スコット・ペック 山田宗樹 菅野朋子 ウイリアム・アイリッシュ 松尾スズキ マリカ・ウフキル ミシェル・フィトゥーシ 神山裕右 石川結貴 キャサリン・フィッシャー 都築響一 森岡浩之 彩坂美月 ラリー・ジョンソン ジョン・カッツェンバック 松村比呂美 三上延 佐伯良隆 イザベラ・バード 廣田弘毅 森永卓郎 山形優子フットマン 細沢祐樹 佐々木謙 小泉喜美子 林望 岸恵美子 尾上堅視 藤川太 遠藤浅蜊 中嶋博行 ローレンス・ブロック 沢村凜 山崎俊輔 大江英樹 藤原美喜子 岡本和久 領家高子 桐生祐狩 勝間和代 北川邦弘 石川貴康 青砥恭 國場弥生 長岐隆弘 永野良佑 花輪陽子 長谷川高 村田くみ 山田順 村上尚己 ローズ・ジョージ 加谷珪一 中西佐緒莉 高田侑 トニー・パーカー 大津學 緒川怜 ジェイン・オースティン 高山マミ 山崎泰 サンドラ・ヘフェリン 横関大 峯山正宏 道尾秀介 武田邦彦 スティーヴン・キング 小野正嗣 春日武彦 野尻哲史 杉本昭男 久我尚子 森真一 梶よう子 松田青子 エマミ・シュン・サラミ 東浩紀 梶尾真治 バッファ D.W. 内山安雄 米山秀隆 マーチン・リンストローム マーク・クリッツマン ゾラン・ジフコヴィッチ 山口哲生 前川裕 近衛龍春 ジム・ブラウン 香月日輪 横山光昭 井戸美枝 ドナート・カッリージ 北川邦宏 笹本稜平 荻上チキ 早乙女ゆうこ 午堂登紀雄 中町敏矢 川瀬七緒 和田竜 渋澤健 後田享 釜口浩一 堺屋太一 石原慎太郎 塩野七生 東アジア怪異学会 柴田佳秀 市田ひろみ パディ・ドイル 村上早人 久能木紀子 隆慶一郎 山崎正和 白石昌則 あらかわ菜美 小田明美 サラ・ウォーターズ 五十嵐太郎 井上順孝 町山智浩 池田圭一 桑嶋幹 きくちいま 山本成一郎 服部幸應 高野和明 近藤雅樹 吉村萬壱 武光誠 神崎宣武 ジョン・C・ボーグル 瀬名秀明 加藤廣 舞城王太郎 結城五郎 池谷裕二 井沢元彦 久保田裕道 勝崎裕彦 坂東眞砂子 林秀彦 利倉隆 杉浦日向子 キャスリン・アシェンバーグ マイクル・クライトン 菊地ひと美 島田裕巳 細野真宏 佐々木譲 畠中恵 サンドラ・パーシャル 新井潤美 ヘンリー・デンカー 方波見寧 北上秋彦 野沢尚 ウィリアム・D.ダンコ トマス・J.スタンリー セス・グレアム・スミス ジェイン・オースティン マーティン・クラーク 河名秀郎 ジョイ・フィールディング ナンシー・ピカード 田中香津奈 後藤秀樹 沼田まほかる 垣谷美雨 泉正人 山本文緒 ジョン・コイン サイモン・ベケット トマス・H・クック ジュリー・パーソンズ 明智憲三郎 ジェイムズ・パタースン 米澤穂信 斎藤環 キャロル・オコンネル ローリー・コルウィン 山田登世子 小和田哲男 大村あつし 黒武洋 小林泰三 多島斗志之 曽根圭介 服部まゆみ 矢口敦子 ジョン・バーナム・シュワルツ 多田文明 山本御稔 下関マグロ 

プロフィール

+紙魚+

Author:+紙魚+
趣味:読書&投資

でも語れるほどでもない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索
+紙魚+にひと言送る

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
amazonで検索
広告


広告
広告