続・確定拠出年金(個人型)加入検討中

自分を納得させる為のメモ 既に夫は加入済みなので再確認ちゅう

月額3.2万円拠出 年間38.4万円 税金控除5.7万円(ざっくり
※401Kで4%の運用が出来るとする 琉球銀行手数料年額6,468円

・特別法人税無し
(38.4-0.6468)*1.04で21年間=1255.21・・
・特別法人税有り
(38.4-0.6468)*1.02827を21年間=1,029.73
・自分で運用した場合、
38.4*(1.04-0.004-0.002)を21年間=1188.887

・401Kのメリットである税金控除分
 運用無し119.7
 3.4%で運用176.47・・

結論け4%で運用できるという前提なら控除分を運用しない&法人税有りでも自分で運用より23.56・・得
もちろんずっと収入を得て無くっちゃ駄目


※401Kで2%の運用が出来るとする 琉球銀行手数料年額6,468円
控除分を運用しない&法人税有りでも自分で運用より45.78・・得


やっぱ加入しない理由がないな
加入しない理由があるとすれば第3号被保険者(専業主婦)になるつもりであるor運用がマイナスになると予想
今のところ専業主婦は憧れではあるが生活していくには専業主婦では無理、そして運用がマイナスになると予想するならそもそも投資しちゃ駄目
運用がマイナスになると思うなら国民年金基金に加入する方が良い というか国民年金基金(予定利率1.75%)に加入するべき。でも国民年金基金がつぶれるリスクは残る。

theme : 資産運用
genre : 株式・投資・マネー

comment

Secret

いろいろ悩みがありますね(笑)

まずは質問。
>・自分で運用した場合、
>38.4*(1.04-0.004-0.002)を21年間=1188.887
で-0.004と-0.002は何ですか?それと所得控除は考慮しているけど401K運用終了(または途中売却時、特別法人税無しで)、売却益に対する課税は?因みに401Kで退職一時金として受け取る場合、21年間運用なら40×20+70×1=870万円(元本+利益)は非課税枠。枠からはみ出た約385万円は課税対象。税率は?

裏技としては、870万円を60歳で退職一時金として受取、非課税へ。残りを、61~65歳まで77万円×5年=385万円として受取れば、控除70万円を超えた7万円部分にだけ課税?退職金と年金として分けてもらう併給という?
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2010/pdf/06.pdf

一般販売なら、売却益、1189-806(元本)=383万円が課税対象。10%か20%か・・・。

まあ、この辺りのこと、私もシュミレーションしてみました(↓、コメント欄の9番目あたり参照)。
http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-145.html#comment_list

続編・・・

まあ、有り得そうなこと。この大震災で増税。銀行、証券の株、投信売却益が10⇒20%へ。401Kは特別法人税課税かな?但し、直ぐではなく、紙魚さんが運用してから10年目とか?そうなると21年間の所得控除の恩恵と10年目から21年目までの11年間の特別法人税課税の不利益。どっちが損か得かとか天秤に掛けるとか。

その他、想定外なことは、どうしてもカネが必要になり投資運用中の資産を取り崩す事態が発生。401Kは問題やね、60歳まで取崩が出来ないから。但し、良いように考えると証券、銀行の一般販売ぶんを売却する。アセット比率が変わるから、例えば401K内の株を売却して債券比率を増やす。このとき、利益があって途中売却しても401Kは非課税だからメリットにはなるね。メリット、デメリット、両方ある。

ある程度考えたら出たとこ勝負の面はあるはね~♪投資はバクチ的なとこもあるもん。Werder Bremenと言えば、塩爺非課税枠使い倒し伝説(表の4番目、↓)。コマツの8倍とかを筆頭に、税金を踏み倒して早期リタイアしちゃった訳だし。2002年頃、日本株買っても、持合い解消で需給悪化、りそな、マイカル、そごう・・・連鎖倒産に、911テロもありで「こんな非課税制度があっても、日本株なんて上がるはずないから無駄やろう!」と思っていた人が多数派だった訳だし。そういう意味ではWerder Bremenって、やっぱり勝負師か(汗)。

http://rich-navi.com/investment-13.html

(゚▽゚*)あら

いつも見てる年金サイトの方の計算式を頂いてきて計算しました。
ですから、白状すると-0.002%についてはよくわかってません(汗
配当に税金がかかるデメリットを-0.2%として計算されているのをそのまま使用致しました。配当にかかる税金ね~と思って使いましたが0.2%と20%じゃ違いますね。 どういう数値だろ。

0.4%は、401Kの先進国株式の信託報酬が0.231%、今積み立ててるeMAXIS 先進国株式インデックス の信託報酬が0.63%なので、その差の0.4%です。やっぱ401k内では外株積立に充てるでしょと思ったんですが、3.2万全部となると現在の外国株式積立額オーバーしてるので0.4%引くのは微妙なとこかな。て、あ~外株ETFを買う前提で計算したらもっと差が縮まるか。0.2%位で計算しなおすか?、といいつつもう加入しちゃえと考えてますがw

なんというか、つらつら書いてみて思ったのですが、変化を嫌う割に将来を固定されるのが嫌いなんですよね、私。パート主婦にもなっちゃ駄目&制度から脱退できないという2つが尻込みする原因ですかねぇ。ああ、働きたくないでござる←

ところで、退職一時金。
受け取り時の税金は、政府が年金と名前をつけた制度の方が現在も将来も有利なままであるは間違いなく(と信じたいw)、理由は
http://amayaho.blog66.fc2.com/blog-entry-145.html#comment_list
にWerder Bremen さんが書かれてたのと同じ。401kと自分で運用した場合、両方将来に向けての投資ですが、自分で投資した場合の税金は、「株を”やる”なんてバクチだ!労働なくして儲けたやつからは税金ぶん取れ!」な流れに行きがち。401kは腐っても政府主導の年金という名前の付いた制度だから、悪くても自分で投資した場合と同じような税金分しか課税されないんじゃないかな、と思ってまして。だから、401Kの方が得という結果になった時点で計算する必要がなくなったので、計算してません

コメ欄に書かれてましたが、特別法人税の導入時期、401k加入してても元本確保型に預けている人が大勢いる現状じゃ最低でも預金利率>特別法人税にならないと凍結解除できませんよねw
消えた年金の時のことを考えると日本では「自分のお金・年金について知識のない、なかった人間が悪い」という世論はおきないみたいだし。

続き

>どうしてもカネが必要になり投資運用中の資産を取り崩す事態が発生。60歳まで取崩が出来ない
これは心配してないんです~。どちらかというとメリットかなと。他の資産全部を吐き出してなおお金が欲しい状況って想像がつかないけど、かなりヤバい気が。私はそういう時冷静になれないし、401kに入っている分くらいは残ってるほうが良いだろうと考えてます。60歳までなら破産することになっても、401kは年金だから債権者にもっていかれない良い制度(笑
とこう思っているのに、脱退できないのが嫌だと考えてるのが、私の支離滅裂なところ(汗


あ、その塩爺制度私も使いました。非課税だったの10万位だったんですけど。その頃から株やってたけど早期リタイア出来てない投資センスのないワタクシ。そりゃあインデックス投資するようになるわ(*^m^*) 
Werder Bremenさんは早期リタイアされたんですね~!素晴らしい。あれって塩爺の置き土産だったんですね。塩爺バンザイですね~。


ξ゚⊿゚)ξ・・・け、けっして、「ア(ッ)ホ」と書いてあったから、特別法人税に対して前のコメみたいなこと書いてるんじゃないんだからねっ 変な勘違いしないでよねっ ///
金魚
はちゅね
最新記事
カテゴリ
カテゴリ(作家別)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

作家

海堂尊 ジェフリー・ディーヴァー ピーター・ラヴゼイ トリイ・L・ヘイデン 伊坂幸太郎 雫井脩介 貴志祐介 誉田哲也 内田樹 リドリー・ピアスン 恩田陸 荻原浩 京極夏彦 久坂部羊 貫井徳郎 折原一 ロバート・ウォーカー 万城目学 スティーヴン・キング 司馬遼太郎 芦辺拓 松井今朝子 リチャード・ノース・パタースン 橘玲 ダン・ブラウン 香納諒一 ジョン・グリシャム 吉本佳生 梨木香歩 桜坂洋 池上彰 久綱さざれ 平山夢明 スコット・トゥロー 深田晶恵 魚柄仁之助 藤巻健史 薬丸岳 乃南アサ 呉善花 穂村弘 小野不由美 佐々木敏 山崎元 竹川美奈子 山本弘 ワリス・ディリー 乙一 新津きよみ 谷口克広 泉流星 桐野夏生 横山秀夫 西澤保彦 北村薫 寄藤文平 アガサ・クリスティー 我孫子武丸 恒川光太郎 絲山秋子 アン・ルール 内藤忍 安東能明 井形慶子 岩尾明子 飴村行 左巻健男 パオロ・マッツァリーノ 木村剛 加門七海 西條奈加 林壮一 広川純 ジャック・ケッチャム 北尾トロ 今野敏 池上良太 R・ターガート・マーフィー 三崎亜記 佐々木俊尚 森博嗣 藤田郁雄 朝倉智也 神山裕右 エリック・ガワー 大田垣晴子 デボラー・J・ベネット 森見登美彦 デニス・ルヘイン 佐光紀子 ロビン・クック 日本経済新聞社 ダナンジャイ・キール 上野千鶴子 リリー・フランキー アダム・ファウアー 渋澤龍彦 プリーストリー 山本譲司 山田和 五十嵐貴久 谷甲州 石井希尚 小川勝己 古市幸雄 マックス・ギュンター 乾くるみ マーク・オルシェイカー 岩井志麻子 アイラ・レヴィン ジョン・ダグラス 岡崎良介 松井幹彦 ジャン・フィリップ・トゥーサン シェルビー・ヤストロウ 地震イツモプロジェクト 斉藤寅 松本茂 ジェイムズ・P・ホーガン 佐藤友之 デボラ・D・クロンビー 渥美公秀 伊園旬 早坂隆 田麗玉 ティモシー・F.マッカーシー ゲーリー・ベルスキー トーマス・ギロヴィッチ ジェーン・エリオット 文国鎭 望月衛 林康史 上野正彦 鬼沢忍 バートン・マルキール 梅田望夫 山中恒 瀬哲弘 ジョン・A.・パウロス ジョゼフ・フィンダー UFJ総合研究所 筒井康隆 鈴木雅光 マルコム・ゴドウィン 福澤徹三 内田春菊 山田悠介 角田光代 姫野カオルコ 高原英理 岸田るり子 浅田次郎 ピ-ター・コレット スアド 東野圭吾 森巣博 エィミ・タン 滝本竜彦 三浦展 ヒラリー・ウォー 佐藤友哉 帚木蓬生 ケン・グリムウッド 香山リカ 酒井順子 山田宗樹 菅野朋子 明野照葉 M・スコット・ペック ウイリアム・アイリッシュ マリカ・ウフキル ミシェル・フィトゥーシ 松尾スズキ ドナ・ウィリアムズ 星野智幸 草間俊介 畑村洋太郎 萩原博子( 楠本くに代 海外投資を楽しむ会 小島信夫 藤巻幸夫 渋谷昌三 大内悦子 谷本美加 泉久恵 家計ライフプラン研究会 プーラン・デヴィ ファウジーヤ・カシンジャ 内海夏子 チャールズ・エリス おいしく「お金」もらい隊 「新潮45」編集部 速水敏彦 安田・まゆみ メアリー・シェリー 鎌田なお子 グロリア・マーフィー ゲルト・ギーゲレンツァー 養老孟司 エイブル ロバート・アーリック D.W.バッファ 結城五郎 村田くみ 沢村凜 ローレンス・ブロック 松村比呂美 長谷川高 花輪陽子 中西佐緒莉 村上尚己 山田順 永野良佑 三上延 佐伯良隆 都築響一 森岡浩之 彩坂美月 廣田弘毅 キャサリン・フィッシャー ラリー・ジョンソン イザベラ・バード ジョン・カッツェンバック 桜庭一樹 加谷珪一 ローズ・ジョージ 後田享 渋澤健 勝間和代 北川邦弘 ナンシー・ピカード ジョイ・フィールディング 後藤秀樹 田中香津奈 マーティン・クラーク 河名秀郎 石川貴康 青砥恭 藤原美喜子 岡本和久 國場弥生 長岐隆弘 大江英樹 山崎俊輔 湊かなえ 桐生祐狩 領家高子 森永卓郎 尾上堅視 ドナート・カッリージ 北川邦宏 笹本稜平 荻上チキ 早乙女ゆうこ 午堂登紀雄 井戸美枝 中町敏矢 川瀬七緒 和田竜 D.W. バッファ 山崎泰 大津學 緒川怜 ジェイン・オースティン サンドラ・ヘフェリン 武田邦彦 横関大 峯山正宏 道尾秀介 横山光昭 マーク・クリッツマン 山形優子フットマン 細沢祐樹 佐々木謙 小泉喜美子 林望 岸恵美子 藤川太 遠藤浅蜊 中嶋博行 高田侑 トニー・パーカー ゾラン・ジフコヴィッチ 内山安雄 米山秀隆 マーチン・リンストローム 山口哲生 香月日輪 前川裕 近衛龍春 ジム・ブラウン 泉正人 垣谷美雨 市田ひろみ パディ・ドイル 村上早人 久能木紀子 山本成一郎 服部幸應 久保田裕道 勝崎裕彦 坂東眞砂子 林秀彦 柴田佳秀 東アジア怪異学会 山崎正和 町山智浩 池田圭一 桑嶋幹 隆慶一郎 塩野七生 釜口浩一 堺屋太一 石原慎太郎 利倉隆 杉浦日向子 瀬名秀明 加藤廣 舞城王太郎 高山マミ 下関マグロ 篠田節子 スティーヴン・J・ダブナー パトリシア・コーンウェル 劇団ひとり ジョン・C・ボーグル 神崎宣武 井沢元彦 キャスリン・アシェンバーグ マイクル・クライトン 菊地ひと美 池谷裕二 武光誠 高野和明 近藤雅樹 石川結貴 きくちいま 井上順孝 ジョン・コイン 山本文緒 北上秋彦 野沢尚 曽根圭介 多島斗志之 矢口敦子 服部まゆみ 黒武洋 小林泰三 ウィリアム・D.ダンコ トマス・J.スタンリー 新井潤美 セス・グレアム・スミス ジェイン・オースティン 沼田まほかる サンドラ・パーシャル 畠中恵 方波見寧 ヘンリー・デンカー 佐々木譲 山本御稔 多田文明 島田裕巳 細野真宏 斎藤環 キャロル・オコンネル サラ・ウォーターズ 小田明美 五十嵐太郎 白石昌則 あらかわ菜美 ローリー・コルウィン 山田登世子 明智憲三郎 小和田哲男 大村あつし ジョン・バーナム・シュワルツ ジュリー・パーソンズ トマス・H・クック 米澤穂信 ジェイムズ・パタースン サイモン・ベケット スティーヴン・D・レヴィット 

プロフィール

+紙魚+

Author:+紙魚+
趣味:読書&投資

でも語れるほどでもない。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索
+紙魚+にひと言送る

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
amazonで検索
広告


広告
広告